村山 晃規
KOKI MURAYAMA

ビルマネジメント事業部 設備業務部
リニューアル課

2017年:入社
ビルマネジメント事業部 設備業務部
リニューアル課配属(リニューアル業務)

インタビュー

建物を守っていく仕事がしたい

建てない建築の仕事がしたい建てない建築の仕事がしたい

父親が1級建築士ということで建築関係の仕事をしたいと思い、大学では建築学科を専攻していました。

学生時代は、自宅に友人をあつめて課題の建築模型を作成したり、各地の有名建築を見てまわったりしました。

卒業後の進路としてゼネコンやハウスメーカーを志望する友人が多い中で私は、建物を建てて終わりではなく、完成した建物を長年にわたって維持し、守っていく仕事がしたいと思い、この会社に入社しました。

また、学生時代には東急線沿線に住んでいたので、東急グループの会社で親近感・安心感もありました。

学生から社会人へと脱皮

学生から社会人へと脱皮 学生から社会人へと脱皮

入社後、研修センターでは、社会人として知っておくべきことをたくさん学びました。ビジネスマナー研修では、学生時代には想像すらしなかったことも多くて、たとえば、電話は2コール以内に出る、というのもそのひとつでしたね。

また、いわゆるホウレンソウ「報告・連絡・相談」も、社会人として仕事をすればするほど、その重要性がわかってきます。さらに、時間管理や会社組織の中でのチームワークの重要性を初めて実感したのも、研修を通じてでした。丁寧な挨拶やマナーは、お客様とかかわりを持つ上で欠かせません。

先輩や上司から教わることも非常に多く、気軽に話しかけてくれるので、わからないことだらけでも、疑問や悩みを抱え込むことがありません。自分も後輩に対して、そういう先輩になれたら、と思います。

自分自身の意欲から学んでいます

監理技術者めざして自主的に勉強中

リニューアル課の仕事は、自社管理物件のリニューアル工事です。この部署に配属後、初めて携わったのは、大規模な商業施設の外壁改修工事でした。
工事期間も規模にふさわしく長期にわたり、まさにどっぷりと携わりました。この案件を通して知ったことのひとつは、保有している資格によって、担当できる工事が変わってくる、ということ。
より大規模で、金額も大きい工事に携わることができる「監理技術者」となるには、「一級建築士」「1級建築施工管理技士」といった難易度の高い資格が必要です。最初の案件で経験させてもらったような大規模工事ならではの、やりがい・魅力もあって、その経験を活かし、今後2~3年のあいだに取得して、監理技術者になるのが当面の目標です。

一日のスケジュール

  • 9:00
  • 9:20
  • 10:00
  • 12:30
  • 15:00
  • 18:20

9:00出社

メールと1日のスケジュールを確認します。

9:20朝礼

スケジュールや進捗状況などを課員に報告・共有します。

10:00見積書作成・現場巡視など

工事の見積書・施工計画書・契約書などの作成、社内での承認依頼などを行います。工事を始める際は事前に現調とお客様との打ち合わせを行います。
工事期間中は現場に赴き、施工管理を行います。下請業者が安全に作業しているかチェックし、問題があれば指摘し是正させ、上司への報告を行います。会社に寄らず、常駐で現場にいる時もあります。

12:30昼食

会社にいる時は、館内のお店で弁当を買って食べる事が多いです。本社がある用賀駅周辺は飲食店が多いので、食べに行くときもあります。現場にいる時は、現場周辺の美味しい飲食店を探して、食べに行ったりしています。

15:00報告書作成など

午後も書類作成や打ち合わせ、現場巡回などを行います。工事が完了した際はお客さまへの報告書作成を行います。

18:20退社

メールの返信や翌日のスケジュール確認を終わらせて退社します。仕事が忙しい時は、残業を行う時もあります。毎週の月曜日と水曜日はノー残業デーを会社にて設けておりますので、その際は早めに切り上げる様にしております。